スポンサーリンク
YouTube

第2回世界SF会議 まとめ – 世界SF作家会議がおもしろい!パンデミックから1年​…SF作家たちはどう見たか?

こんにちは、まる3です。 第2回世界SF作家会議をめとめてみました。 第1回とあわせてご覧ください。 #1パンデミックから1年​...SF作家たちはどう見たか? AD2020年7月。COVID-19の第二...
おススメ

未来型シティ・デザイン論 – 2020年末におもしろい動画を拝見しました。2021年は都市と地方、働くと休暇、個人と会社…などなどいろいろなモノコトが大きく方向を変える年になりそうです。

こんにちは、まる3です。 2020年もいよいよおしまい。明日からは2021年がスタートします。 そんな年末にとても興味深い動画を視聴させていただきました。配信はNewsPics、提供は三菱地所による3回動画『未来...
おススメ

KYOKO先生の本「副業の学校」購入者特典は1時間40分の動画視聴らしい! しっかり学んでしっかり稼ぎたい人に これはお買い得だと思う!

こんにちは、まる3です。 KYOKO先生の本、もう予約しましたか? まる3はちゃんと予約しましたよ。 予告にもありますが、本の購入者特典があることは事前にわかっていましたが、なんとなんと!KYOKO先生みずからが編集した1...
スポンサーリンク
おススメ

VR能 攻殻機動隊 – これはいったいなんだ! 伝統芸能と先端技術による新しい表現技法の誕生か.

こんにちは、まる3です。 日本の伝統芸能である「能」 最先端技術である「VR」 これがひとつになって…しかも「攻殻機動隊」である。 第4回 羽倉賞 ノミネート賞「VR能 攻殻機動隊」明治⼤学/東京⼤学/株式会社EVISI...
おススメ

Kyoko先生の耳学ラジオ: #48.【やらないと損】耳で圧倒的に人と差をつける方法 が、耳で聞く新しい読書の提案がいいですね。

こんにちは、まる3です この春先から超注目のKyoko先生のVoicy番組「Kyoko先生の耳学ラジオ」で、読書についてのエピソードがありました。なかなか新しい視点の読書を効果的する方法が、なかなか良いので、ご紹介したいと思います。 ...
おススメ

おススメ本: 「太神楽 寄席とともに歩む日本の芸能の原点」 鏡味仙三郎 著/原書房 2400円+税

こんにちは、まる3です。 今日、書店でステキな本を見つけちゃいました。落語や寄席の本は数々あれど、太神楽の本はとっても少ないのですが、落語の本の並びにこんな本があったのです。出版は2019年12月…もう一年近くたってしまってますね。情...
おススメ

あこがれの場所へ / ピュアニスト・石原可奈子 さんが、僕が忘れそうになっていたことを思い出させてくれました。

こんにちは、まる3です。 いま僕自身が、山中湖や清里を行き来する中で取り戻さなければいけない時間を思い出させてくれる。ぜひご視聴ください。 【MV】あこがれの場所へ / ピュアニスト・石原可奈子  "To the place o...
未分類

やればできるこ……ここ数週間のなかでできるようになったことのあれやこれや。

こんにちは、まる3です。 この数週間…というか、2020年10月はほんとにいろいろなことに向き合って取り組んで、カタチに仕上げて…という月になりました。 その1:動画撮影/編集/YouTubeで公開 え、いままでやっていたんじゃな...
おススメ

【伯山トーク】野村萬斎×神田伯山 – これはすごい対談ですね – 「芸の未来とメディアとの向き合い方」「語りの音とは何か」

こんにちは、まる3です。 神田伯山ティービーにすごい対談動画があがっているので、ぜひご覧くださいませ。 【伯山トーク】野村萬斎×神田伯山「芸の未来とメディアとの向き合い方」【#01】 狂言師・野村萬斎さんがホストを務め、現代芸...
おススメ

ひらばのひと 久世番子 六代目神田伯山監修 – 講談師マンガがおもしろい 月刊モーニングツー11月号 9月23日発売 で連載開始

こんにちは、まる3です。 まちにまった連載がはじまりました。令和2年3月5日の講談社の週間漫画雑誌『モーニング』にて読み切りで掲載された『修羅場の人(ひらばのひと)』。あの六代目神田伯山さんが監修ということもありまして、なかなか講談師...
私事として...

ゼンハイザーHD414 にあこがれて、カスタムなヘッドセット をつくってみました。

こんにちは、まる3です。 むかしむかし…ゼンハイザーHD414を持っていたのですが、何回かの引越しを繰り返しているうちに、どこかに行ってしまいました。 それでもず〜っとあこがれのヘッドホンであった ゼンハイザー HD414。 ...
おススメ

山奥ニート – ニート革命なのか! 山奥の廃校にニートさんが15人で住んでいるということ

こんにちは、まる3です。 なんだか、とっても衝撃的な本に出会いました。 中田敦彦さんが、動画で紹介していますので、ぜひご覧ください。 ワーケーション の登場で「働くこと」「休むこと」から「生きること」ということを問い直すも...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました