スポンサーリンク

『ひらばのひと』久世番子/六代目神田伯山監修[スペシャル出張編 / 鮫講釈]- 月刊モーニングツーから週刊モーニングに出張ですと!

スポンサーリンク

こんにちは、まる3です。

久世番子先生の「ひらばのひと」がなんだかtwitterで目につくなぁ〜。月刊モーニングツーの連載は隔月なのに、4月に掲載だったから次は6月じゃなかったかなぁ〜などと悠長なことをおもっていたら、なんとなんと!

今週の週刊モーニングに「ひらばのひと」が掲載されているではありませんか!しかも[スペシャル出張編]ということで、月刊モーニングツーから週刊モーニングへの“出張”ということになったそうです。

それにしても「鮫講釈」とは、張扇ネタがけっこう楽しいですね。

スポンサーリンク

twitter界隈でわだいの「ひらばのひと」

あわせて読みたい

「ひらばのひと」第1巻 - 久世番子 作/六代目神田伯山 監修 修羅場の人/鋳掛松/応挙の幽霊/出世の春駒 - 講談社 モーニングKC
こんにちは、まる3です。 「ひらばのひと」久世番子 作/六代目神田伯山 監修がついに単行本になりました。 すでに連載で読んでいる内容なのではありますが、単行本には単行本の味わいがありますね。 しかも、週刊モーニングに掲載さ...
ひらばのひと 第5話 仙台の鬼夫婦 – 久世番子 作/六代目神田伯山 監修 – 月刊モーニングツー隔号連載
こんにちは、まる3です。 久世番子先生の「ひらばのひと」第5話でございます。 ひらばのひと 第5話/仙台の鬼夫婦 芸人さんのお正月といえば、師匠へのあいさつまわり。そこでは必ずといってよいほど師匠は弟子のみなさんにお年玉をあげるそ...
ひらばのひと 第4話 大高源吾 (赤穂義士伝) - 久世番子/六代目神田伯山 監修 - 月刊モーニングツー隔号連載
こんにちは、まる3です。 久世番子先生の「ひらばのひと」第4話でございます。 「講釈師、冬は義士、夏はお化けで飯を食い」なんていわれることもあるように、12月ともなると赤穂浪士の討ち入りの物語…いわゆる忠臣蔵となりますが...
久世番子先生「ひらばのひと」 (六代目神田伯山 監修)がどれだけ面白い話か、第1話がいまなら無料で読めます! - 月刊モーニングツーに隔月にて好評連載中!
こんにちは、まる3です。 やばい、まだ最新号を買ってなかった! 「ひらばのひと」がおもしろい! 久世番子先生の「ひらばのひと」が読みたくて読みたくて。なんってったって月刊漫画雑誌の「モーニングツー」に連載中...
ひらばのひと 久世番子 六代目神田伯山監修 - 講談師マンガがおもしろい 月刊モーニングツー11月号 9月23日発売 で連載開始
こんにちは、まる3です。 まちにまった連載がはじまりました。令和2年3月5日の講談社の週間漫画雑誌『モーニング』にて読み切りで掲載された『修羅場の人(ひらばのひと)』。あの六代目神田伯山さんが監修ということもありまして、なかなか講談師...
松之丞がマンガになった - 六代目 神田伯山 監修の漫画『修羅場の人』 久世番子 週刊モーニングに読み切り掲載 - 夏から連載も始まるよ - 姉弟子神田鯉栄さんも涙する伯山ティービー
こんにちは、まる3です。 先日、講談師の神田松之丞が真打昇進とあわせて六代目神田伯山を襲名しました。 なんとなんと、その伯山さんが監修をした講談師を描いたマンガが、週刊モーニングで読切掲載されたので早速買っちゃいましたよ〜。 ...

関連リンク

 

ひらばのひと(1) (モーニング KC) | 久世 番子 |本 | 通販
Amazonで久世 番子のひらばのひと(1) (モーニング KC)。アマゾンならポイント還元本が多数。久世 番子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またひらばのひと(1) (モーニング KC)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
ひらばのひと(1) (モーニングコミックス) | 久世番子 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで久世番子のひらばのひと(1) (モーニングコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
モーニング・ツー 2021年 6/2 号 [雑誌]: 週刊モーニング 増刊
表紙:ひらばのひと 新連載;ウチは別れて暮らしてる
月刊モーニング・ツー 2021年6月号 [2021年4月22日発売] [雑誌]
4月22日(木)売りモーニング・ツー21年6号! 待望の単行本1巻4月23日発売! 表紙&巻頭カ...
おススメ
スポンサーリンク
maru3をフォローする
スポンサーリンク
maru3.LIFE – 丸山高弘の日々是電網

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました