maru3

スポンサーリンク
ひとりごと...

人口減少国日本 – その未来を考えてみる – まる3流日本の人口減少を食い止め、成長する国家にするには? – RPA仮想知的労働者による生産活動とメタバースでのアバターによる消費活動/バーチャル総生産世界一を目指せ!!

こんにちは、まる3です。 先日、中田敦彦のYouTube大学で取り上げられていた「人口減少国日本」前編・後編の動画を拝見しました。少子高齢化の次の段階である人口が減少し続ける日本。2050年には現在のやく半分の6000万人にまで減り...
芸能

【講談】神田伯山「寛永宮本武蔵伝より偽岸柳」in 福岡市科学館/あうるすぽっと/名古屋西文化小劇場 – 第十話 天狗退治 を追加しました。

イベント概要 寛永宮本武蔵伝 偽岸柳(第一話) 撮影・編集:岩淵弘樹監修:九龍ジョー制作:冬夏株式会社VIDEO by Digital Media Label 道場破り(第二話) ...
私事として...

おかげさまで61歳になりました。 Thank you so much. MT61/80 – April 9th,1961.

こんにちは、まる3です。 おかげさまで、61歳になりました。 ここにきて、メタバースだのアバターだのバ美肉など…年相当とはいいがたいことに興味関心が移ってしまい、人生もうあと40年くらいあったらなぁ〜みたいなことを思ったりもし...
スポンサーリンク
これからの図書館

アバターライブラリアン登場 アバタラリアン/バ美ブラリアン – アバターを使った読書案内やレファレンスサービスが拓く可能性について(執筆開始)

こんにちは、まる3です。 図書館VRがニュースで取り上げられ、すこしばかりお話しています。 図書館の中を360度カメラ(ThetaV)で撮影して、Theta360.bizでツアー化しているのですが、こうして取り上げられるとやは...
おススメ

『ひらばのひと』久世番子作/六代目神田伯山監修 これまでのまとめ – 読み切り版から第10話まで

こんにちは、まる3です。 月刊モーニング・ツーに隔月連載の講談漫画『ひらばのひと』 ひとまずここまでをまとめてみたいと思います。 『ひらばのひと』まとめリスト 読み切り版 修羅場の人   第1話 鋳掛松 ...
おススメ

『ひらばのひと』第10話 「小猿七之助」- 一人船頭、一人芸者 万喜助師匠の独演会に泉花姐さんが出演。 久世番子/六代目神田伯山監修/- 月刊モーニングツー2022.5月号

こんにちは、まる3です。 前回も書きましたが、隔号連載を待つ…って、ほんと苦しい〜〜〜!それだけに発売された日は嬉しい〜〜〜! 『ひらばのひと』第10話。鈴生亭万喜助師匠の独演会に登壇する龍田泉花さん、少しばかりアブナイ雰囲気...
YouTube

ここのところ「時間」について考えることが趣味になっていて、「時間は存在しない」とか「時間の矢」とかに関する考察動画をYouTubeで視聴しながら、かなり楽しい時間を過ごしています⏰

こんにちは、まる3です。 ここのところ「時間」についてあれやこれや考えていたりします。YouTubeでもいくつかの動画をみながら感心したり、思考がむにゅむにゅしたり…と。 まずは、こちらの動画が「時間」を考えるきっかけになって...
YouTube

セブンイレブンの今川焼を買ってきて一晩自然解凍したら、袋がすごいことになった! | 丸山高弘 ライフログ_maru3-life

こんにちは、まる3です。 こんな動画を作ってしまいました(ごめんなさい)。 セブンイレブンの今川焼を買ってきて一晩自然解凍したら、袋がすごいことになった! こんにちは、まる3です。甘いものが好きなもので、つい...
これからの図書館

LODIトーク Vol.4を追加 – 次世代図書館目録規則RDA/RDF。未来の図書館員が多くの時間を使うのは、このトリプルを作ることになるのかもしれない LODIトークのYouTube動画を見ていて、ちょっとそう感じたりしてます。

こんにちは、まる3です。 次世代図書館目録規則 RDF 次の時代の図書館の取り組みの中で、多くの時間を費やす取り組みのひとつに、このRDFによるトリプルづくりがあるような気がしてきました。 かつての図書館員さんのお仕事の...
未分類

YouTube再開 – まずはリハビリで「ポポーポポポポ」 | 丸山高弘 ライフログ_maru3-life

こんにちは、まる3です。 2022年4月以降、別のチャンネルですがYouTubeを再開させることになりそうなので、リハビリ(?)を兼ねて自分のチャンネルでYouTube動画をアップしていきたいと思います! まずは、こちら「ポポ...
未分類

図書館をフレームワークで考える – 2030年から2050年の「図書館」(仮称)リ・デザイン

こんにちは、まる3です。 2030年から2050年の「図書館」(仮称)をリ・デザインするオンライン会議に参加しながら、いろいろなことを考えていたりします。 その中で、これまでの図書館をフレームワークで捉え直し、この先の図書館な...
これからの図書館

地域資料から地域資源、そして地域コンテンツへ -「図書館」(仮称) リ・デザインにあたりDX時代における地域の図書館の魅力づくりとして地域との親和性を高めるために。加えて図書館のオンラインサービスとリモートワークが図書館員の価値を高める。

こんにちは、まる3です。 一応、三部作の最後として、DX時代の地域の図書館の魅力づくりを考えています。 図書館資料がデジタル化され、全国どこからでもアクセスできるようになるとしたら、極論をいえば「国立国会図書館をオンラインで利...
これからの図書館

読書の未来はどうなる?! 「図書館」(仮称) リ・デザインにあたり 本の未来と読書の未来を考えてみたりする – 読者の時間を節約するためにこれから先にできること

こんにちは、まる3です。 今回は、「図書館」(仮称)を考えるにあたり、本を読むことってなんだろう?というあたりから、2030年の読書から2050年の読書について考えてみたいと思います。 媒体(メディア)は器である 本は、文...
これからの図書館

DX時代の図書館像を考える – 「図書館」(仮称) からイメージすること – 山中湖情報創造館2024 – 20周年に向けて考えていること

山中湖情報創造館2.0 2004年平成16年4月に開館した山中湖情報創造館。 日本で最初の指定管理者図書館としてオープンして、5回の協定期間をへて現在は18年目になります。今期の協定期間は2024年3月末までなので、あと2年の協定期...
これからの図書館

図書館の未来はどうなる?! 「図書館絶滅という時代 〜 2021年の選択 〜」を書いてみた

この文章は、「図書館」(仮称)リ・デザイン会議に向けて書いた文章を加筆修正しながら書き足していくものです。2021年ならびに2022年の今という時代から30年後50年後をイメージしながら、バックキャスティングのための思考訓練的のようなもの…...
おススメ

『ひらばのひと』第9話 「だれ場のひと」- JKが演芸場にあわれた! 久世番子/六代目神田伯山監修/- 月刊モーニングツー2022.3月号

こんにちは、まる3です。 隔号連載は、罪つくりだと思います。こんなに待ち遠しいなんて思いもよらなかったですよ。 『ひらばのひと』第9話。泉太郎と初音ちゃんのこの感じ…また隔月で待ち遠しいよー。 月刊モーニングツー 2022年3...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました