スポンサーリンク

『ひらばのひと』第8話 「ボロ中売り出し」久世番子/六代目神田伯山監修/- 月刊モーニングツー2022.1月号

スポンサーリンク

こんにちは、まる3です。

隔号連載は、ほんとに待ち遠しくなります!

スポンサーリンク

月刊モーニングツー 2022年1月号

Bitly

第8話/ ボロ中売り出し

あらすじ

前座の講談師 龍田泉太郎。夢にまで出てくるほど講釈場 音羽亭 が気になってしかたない。

そんな泉太郎。寄席での前座修行では二つ目姉弟子 龍田泉花 にはボロ足袋を注意されるはモザイクはかけられるは…。そんな泉太郎の姿を見て「ボロ中だな」と一言いうのは、楽屋に売れっ子落語家 鈴生亭万喜助師匠。泉花さんに独演会の出演を依頼するのですが、先約がありその場で断る。

万喜助師匠の「ボロ中だな」の言葉が気になり、なぜかスマホで玉野井鹿山『ボロ中売り出し』を見る。

感想

物語の構成が実によくできていて、読みながら美味しい料理を食べている感じがしました。

音羽亭が気になる泉太郎の夢、ボロ足袋の泉太郎、そこに登場する売れっ子落語家、独演会の出演オファーに、「ボロ中だな」の一言から広がるイメージ。そしてしっかりと泉花さんの啖呵を着るシーン。そうそう、マンションのお隣さんもビビってますね「ぴたっ」と。

ラストの龍田錦泉の一門会の前座で登場する泉太郎が読むのは、寛永宮本武蔵伝から「竹ノ内加賀之助」まだ落ち着かない客席に入ってきたのは…前回の学校寄席で出会った女子高生ということで、次回からの展開がとっても楽しみになる終わり方でした。

ボロ中売り出し YouTube動画

【公式】講談師漫画『ひらばのひと』/第②巻、11月22日(月)発売!!! @hirabanohito

モーニング・ツー(毎月22日発売!) @morningtwo

久世番子先生のツィート @bankolan

「ひらばのひと」第二巻目次

  • 第4話 大高源吾
  • 第5話 仙台の鬼夫婦
  • 第6話 佐野源左衛門駆け付け
  • 番外編 鮫講釈
  • 第7話 は組小町

六代目神田伯山さんのツィートhttps://www.youtube.com/watch?v=bRzBynQnI5M @kanda_bou

次回は1月20日(木)発売の3月号

あわせて読みたい

『ひらばのひと』第7話 紅蓮の纏「は組小町」久世番子/六代目神田伯山監修/「は組小町」一龍齋貞寿監修/学校寄席 田辺いちか監修 - 月刊モーニングツー11月号
こんにちは、まる3です。 お待ちしました〜!『ひらばのひと』月刊モーニングツーでの掲載です。 第7話/は組小町 あらすじ 女子校での学校寄席に出かける錦泉師匠と二ツ目の泉花姐さん、そして前座の泉太郎。伝統芸能を生で楽しんでもらう芸術鑑賞教室...
『ひらばのひと』[第6話 佐野源左衛門駆け付け/鉢の木]久世番子/六代目神田伯山監修 - 月刊モーニングツー9月号
こんにちは、まる3です。 お待ちしました〜!『ひらばのひと』月刊モーニングツーでの掲載です。 今回は第6話「佐野源左衛門駆け付け/鉢の木」でございます。 物語のあらすじを本編から引用しますね。 身分を隠し、諸国行脚中の北条時頼が、下野国で佐...
『ひらばのひと』久世番子/六代目神田伯山監修[スペシャル出張編 / 鮫講釈]- 月刊モーニングツーから週刊モーニングに出張ですと!
こんにちは、まる3です。 久世番子先生の「ひらばのひと」がなんだかtwitterで目につくなぁ〜。月刊モーニングツーの連載は隔月なのに、4月に掲載だったから次は6月じゃなかったかなぁ〜などと悠長なことをおもっていたら、なんとなんと! 今週の...
「ひらばのひと」第1巻 - 久世番子 作/六代目神田伯山 監修 修羅場の人/鋳掛松/応挙の幽霊/出世の春駒 - 講談社 モーニングKC
こんにちは、まる3です。 「ひらばのひと」久世番子 作/六代目神田伯山 監修がついに単行本になりました。 すでに連載で読んでいる内容なのではありますが、単行本には単行本の味わいがありますね。 しかも、週刊モーニングに掲載された読切版と月刊モ...
ひらばのひと 第5話 仙台の鬼夫婦 – 久世番子 作/六代目神田伯山 監修 – 月刊モーニングツー隔号連載
こんにちは、まる3です。 久世番子先生の「ひらばのひと」第5話でございます。 ひらばのひと 第5話/仙台の鬼夫婦 芸人さんのお正月といえば、師匠へのあいさつまわり。そこでは必ずといってよいほど師匠は弟子のみなさんにお年玉をあげるそうでござい...
ひらばのひと 第4話 大高源吾 (赤穂義士伝) - 久世番子/六代目神田伯山 監修 - 月刊モーニングツー隔号連載
こんにちは、まる3です。 久世番子先生の「ひらばのひと」第4話でございます。 「講釈師、冬は義士、夏はお化けで飯を食い」なんていわれることもあるように、12月ともなると赤穂浪士の討ち入りの物語…いわゆる忠臣蔵となりますが、どうやらわれわれ一...
久世番子先生「ひらばのひと」 (六代目神田伯山 監修)がどれだけ面白い話か、第1話がいまなら無料で読めます! - 月刊モーニングツーに隔月にて好評連載中!
こんにちは、まる3です。 やばい、まだ最新号を買ってなかった! 「ひらばのひと」がおもしろい! 久世番子先生の「ひらばのひと」が読みたくて読みたくて。なんってったって月刊漫画雑誌の「モーニングツー」に連載中のマンガなのですが、「ひらばのひと...
ひらばのひと 久世番子 六代目神田伯山監修 - 講談師マンガがおもしろい 月刊モーニングツー11月号 9月23日発売 で連載開始
こんにちは、まる3です。 まちにまった連載がはじまりました。令和2年3月5日の講談社の週間漫画雑誌『モーニング』にて読み切りで掲載された『修羅場の人(ひらばのひと)』。あの六代目神田伯山さんが監修ということもありまして、なかなか講談師の世界...
松之丞がマンガになった - 六代目 神田伯山 監修の漫画『修羅場の人』 久世番子 週刊モーニングに読み切り掲載 - 夏から連載も始まるよ - 姉弟子神田鯉栄さんも涙する伯山ティービー
こんにちは、まる3です。 先日、講談師の神田松之丞が真打昇進とあわせて六代目神田伯山を襲名しました。 なんとなんと、その伯山さんが監修をした講談師を描いたマンガが、週刊モーニングで読切掲載されたので早速買っちゃいましたよ〜。 『修羅場の人』...

関連リンク

 

Amazon.co.jp
Bitly

 

Bitly
Bitly
Bitly
Bitly

コメント

タイトルとURLをコピーしました