スポンサーリンク

市民メディアと市民デジタルアーカイブ

これについては、かなり見えてきた感じがする。
特に、市民デジタルアーカイブ活動には、何も高貴で貴重な文化財を扱わなければならない理由はどこにもない。むしろ、市井の民としての視点で、「デジタルまちのこし」の思いを大切にすればいいことなのである。
そしてこれは市民メディアにも言える事で、OhMyNews(オーマイニュース)も市民記者からの記事はきわめてパーソナルな記事でも受け付けてくれるようだし、大切にしているのは「私にとって重大な事件」という視点を持つ事だそうだ。私の次の行動に影響を及ぼすニュースは、何もマスメディアによるものだけとは…限らないのである。

どうしても、市民活動をやっているうちに、肩に力が入り、地域に対する使命感を持ち、辛さを我慢しながら行なうようになってしまうことも少なくはないが…むしろマスメディアや公立機関では出来ない対象にこそ、市民活動本来の価値があるのだと…強〜く感じているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました