スポンサーリンク

まち歩きは知り歩き

「地域コンテンツ」をテーマにして調べれば調べるほど、おもしろいものが出てきます。
以前にも、地井武男さんが歩くお散歩番組「ちい散歩」を取り上げましたが、大阪ではこんなこともやってるんですね。
 ・大阪まちあるき 財団法人 大阪観光コンベンション協会
 iPodを貸してくれる…ということで、アップル社のサイトでも紹介されてます。
 ・iPodがツアーガイドになる。『大阪まちあるき』 アップル

そうそう。
図書館とまち歩きでは、この方の研究活動を忘れてはいけません。
 ・てくてく文京「図書館から始める街歩き」 桂まに子 さん

あんど、地元山梨では、このNPO
 ・つなぐNPO やまなしフィールドミュージアム つなぐNPO
 「まちミュー ツアー」や「フィールドミュージアム ガイドブック」など、ちゃくちゃくと実績を積み、成果を残してます。


こうやって、「まち歩き」をみてみると、同じ歩くでも健康増進のためのウォーキングとは異なり、まち中の歴史や文化、自然や人の営みなどを知りながら(学びながら)歩くということがポイントになってます。そう、

 「まち歩き」は「知り歩き」

なんですね。

そしてさらにこれからの課題は、このような活動を通じて顕在化してくる「地域コンテンツ」を、どうやって図書館の資料として組織化できるか…そして、提供し、利用者さん自らが再編集し、新たな地域の価値創造につなげられるか…なんてことを考えているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました