スポンサーリンク

公立図書館における、教科書・教材・資格本は?

前の投稿でも紹介しましたが、月刊「自治フォーラム」 2007.1 の大串夏身先生の[解説]で、「おぉ….!」っと思った箇所

以下抜粋-----
教科書、教材は置かない、という図書館があると聞くが、それで学校支援ができるのか? 図書館員が日常的に学校のカリキュラムの分析・学習をしていないということが「間違っている」と言わざるを得ない。また、これに関連して資格に関連する図書は置かない、資格の問題集は置かないという図書館もある。時代がわかっていない。
—-
そうなんですよね。僕も図書館の仕事をしてきたなかで、図書館に教科書が置かれてない。でも司書の意見では「置かない」と言われてます。その自治体の教科書だけでなく、できれば比較できる他社の教科書があってもいいし、宿題支援のための学習参考書だって置いてよいのではないか…と感じていたのですが、正規の司書課程を学ぶ人たちにとっては、それはNOなのだと。
また、資格取得本にしても同様で、情報処理技術者の本を指摘されたこともあるし、「現代用語の〜」は毎年購入しても、資格取得ガイドはその対象にすらならない…なんて。

大串先生の後押しがあれば、勇気百倍!!
学校支援、地域の産業支援、個人の能力向上支援….に、取り組む決意ができた思いです。

コメント

  1. ちあぼん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まさに、その教科書で、ついこの間、あり得ないシーンを見て、いや、聞き耳立ててしまいました。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    うっ! その話の続きをぜひ聞きたいです。
    例えば、ゆとり教育がどれだけゆとりだったのか、教科書の比較すら公共図書館ではできませんよね。たとえば、歴史教科書の記述がどう変わってきているのか…なんて、親の世代ままったく知りません。一万円の聖徳太子の肖像が人違いらしい..とか、鎌倉幕府の源頼朝はあの肖像画の人物ではない…とか…公共図書館に当時の教科書をきちんと収集し、保存することを考える人がいたら…そんな比較だってできたものを…と、とても感じるのです。 Like

  3. ちあぼん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    教科書の問題と、委託職員の問題の絡む、図書館の抱える問題のワンシーンでした。。。
    学校での調べもの支援のためにも、教科書の内容を図書館員は知っておかないといけないですよね。
    でないと、学校図書館の支援もできないと思います。
    いろいろと問題はありますね。。。 Like

タイトルとURLをコピーしました