スポンサーリンク

News ゼネティックコンピュータと電子図書街

松岡正剛氏による楽しそ〜うなセミナーです。

News ゼネティックコンピュータと電子図書街
  奈良県立図書情報館・開館1周年記念トークセッション
セイゴオちゃんねる

..奈良かぁ、行きたい…ですね。

☆電子図書街…なにやらおもしろそうなコンセプト…ですが、 「書物」をあらゆる情報の単位として捉え とあるところが…気になりますね。僕としては電子化/デジタル化するのだったら、「書物」をばらばらにして、せめて[見出しがある単位]くらいには別け、その上で[再構築する]イメージがあるんです。書物が八百屋さん(大根やニンジン)や魚屋さん(サンマやサバ)で買ってくる食材と見立て、それを1)切って、2)下ごしらえをして、3)焼くなり煮るなり蒸すなりして、4)調味料で味を整え、5)盛りつけをしてお出しする。これではじめて料理なんです。
そうした目で見ると、今の図書館って、野菜や魚を仕入れてきて、それを順番に並べているだけ。料理を出すところまでは、全然いってません。利用者さんが求めている[料理としての情報]を提供できることが求められているように思います。
「今までの図書館」が食材屋さんだとしたら、「これからの図書館」には食材も売っているが、料理を食べれるレストランの機能も求められる…そんな感じでしょうか。

※ちなみに、お肉屋さんは、まるごとの豚とか牛を売っているわけではないので、各部位で調理しやすいように切って売ってますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました