スポンサーリンク

MacOS X Snow Leopard は、OpenCL互換のPCで動く…と予想。

先日のWWDC2008にて発表された次期MacOS である Snow Leoard(雪豹)は、不思議なことに、これといった目新しい機能の追加はない…と、断言している。にもかかわらず、動作の安定性やプログラムのシェイプアップなど、通常ならばマイナーバージョンアップ的な内容にも関わらず…あえて、コードネームをつけたものにしている。

 ・MacOS X Snow Leopard Apple
 ・MacOS X Snow Leopard アップル

これを聞いた時に、まっさきに思い浮かんだのは、MacOS が他のプラットフォームに乗り始めるのか…という考えだ。

 僕の予想する結論から書こう。

 MacOS X Snow Leopardは、Macプラットフォーム(MacPro, iMac, MacBook, MacBook pro, MacBook Air, Mac mini…といった自社製品)を超えて、OpenCL互換のグラフィックボードを搭載したPC環境で動作するようになる…と。
 もうすでに、現在のMacOS X LeopardをPCで稼働させる技術ができている。

 ・Mac OS Xを普通のPCで動かす(前編) builder by ZDNet Japan
 ・Mac OS Xを普通のPCで動かす(後編) builder by ZDNet Japan

 あとはチップセットとの相性などの問題だけだろう。そしてそれらも Snow Leopardでは、OpenCLという基準を設定することによって、問題はクリアされる。

 ・アップル、Mac OS X 10.6ではIntel Macのみに対応か? builder by ZDNet Japan

 さて、アップルはその次に何を考えているのやら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました