スポンサーリンク

MacOS X 10.5 が出ない….

Apple社のお知らせによると、次期MacOS X (10.5 Leopard:レパード)の発売は10月に延期されるそうだ。

 ・Apple – HotNews Apple Statementの項目を見て。

インターネットで受講できる通信教育はWindows対応だし、そろそろ今使っているiBook G4もローンのお支払いが終了したこともあって、当初Leopardの発売が予定されていた2007年春には、新規購入計画を立てたのですが….ちょっと戦略変更です。

まずは、
・6月をメドに、開催を検討しているワークショップ用のマシンを調達(デスクトップ型か)を検討
・iBook G4は、メモリの増設をし、半年程度の延命を計る(この遅さはメモリ不足によるところも少なからずある)
・サーバのHDの調整(ず〜〜〜っと気になっていたことを、ディスクユーティリティを購入して対処:解決できれば、すごく安心なのだ)
・小物やユーティリティの充実。

ということで、限られた資源をいかに有効に活用するか…が、大切なのだよ。

コメント

  1. lanova より:

    SECRET: 0
    PASS:
    図書館で利用されているコンピュータもアップルですか?基本的にはウィンドウズの方が汎用性は高いのでしょうけど、アップルの方がいいという利用者もいるでしょうし、用途によってはアップルが優れているでしょうし…というわけでウチの図書館は両方置いてあります。 Like

  2. maru3 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    日本の公共図書館では、Macは皆無のようです。
    昨今のMacは、Windowsも動くこともあるので、ぜひ図書館には必要だと思いますね。Macで使うのも、Windowsで使うのも、UNIXで使うのも…図書館側が「これを使え!」と押し付けるのではなく、利用者さんに選択できることも必要だと思っています。
    それにしても、両方置いてある…って、すごいな。いいなぁ。
    ※iLifeとか、図書館のプログラムに使ってますか?
    Like

タイトルとURLをコピーしました