スポンサーリンク

GoogleTrend で観光地の人気度を比較。山中湖はどんなポジション!え、まさかの場所が富士山と同等の人気度だって?!

こんにちは、まる3です。

ちょっとしたきっかけで、GoogleTrend を使ってみると、想像していたものと全く違った現実がみえてきたりするので、実に興味深い。どこか週末に旅行に行こうとか、何かを計画しようというときは、まずはGoogleで検索して…という情報行動があたりまえになってきた現在、Googleで検索されないキーワードはトレンドとしての価値が低い…ということにもなる(検索する人が少ない、検索する回数が少ない=話題にならない)ということだ。

まずは、GoogleTrendで[富士山]を検索してみるとこんな感じ。

高級リゾートで知られる[軽井沢]を検索して比較してみると、こうなる。

[富士山]を軽やかに超えていく検索数だ。

ではそこに、富士五湖の[河口湖]と[山中湖]との比較を加えてみよう。

[富士山][軽井沢][河口湖][山中湖]とを比較

検索キーワードの比較でしかないのであるが、Googleで検索されるキーワードの順位はこのような結果となり、[山中湖]というキーワードを検索する回数は軽井沢や富士山、河口湖と比較して圧倒的に少ないのだ。

そんななかで、僕の出身地(正しくは隣町)である埼玉県の[秩父]が最近元気だというが、それを加えてみると、意外なことがわかった。

これがなんと!Google検索のキーワード的には、[秩父]を検索する回数と[富士山]を検索する回数とが、ほぼ同じくらいある。
秩父の近くにある[長瀞]はどうか。5つまでの検索なので、[軽井沢]と[河口湖]を消して、比較してみるとこうなる。

[富士山][山中湖][秩父][長瀞]とを比較

ということで、何気にGoogleTrendで検索した結果が、意外な事実を明らかにしてくれました。

正直なところ、僕自身は秩父(僕の出身は隣の皆野)にいるのがいやで出てきてしまった人なのですが、2019年令和元年の現在としてみると、大好きなはずの[山中湖]や[清里]や[八ヶ岳]というキーワードよりも、[秩父]が群を抜いて検索キーワードに上がっていることに、少なからぬショックを受けていたりします。[富士山]は山梨県側だけでなく、静岡県側をも含んでいるのですが、それでも[富士山]と[秩父]の検索すうがほぼ同等…というのも、かなりショック。

というわけで、インターネットマーケティング的にいえば、富士山への関心度と秩父への関心度がほぼ同等であり、山中湖と長瀞への関心度がほぼ同等。ついでに検索した[清里]や[八ヶ岳]も[山中湖]とどんぐりの背比べなのだ。どうしても年配者はかつての栄光(?)をベースに、まだまだ山中湖は〜、まだまだ清里や八ヶ岳は〜と思っているかもしれないが、現実はこの結果の通り。人気度は[秩父]よりもうんと下の方になってしまっている。さて、状況をなんとかしないと…も思うが、なんとかなるものなのだろうか?

参考:[富士山][山中湖][秩父][八ヶ岳][清里]とを比較

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
maru3をフォローする
maru3.LIFE – 丸山高弘の日々是電網

コメント

タイトルとURLをコピーしました