スポンサーリンク

本の力 ∞ 無限大

スポンサーリンク

これからの図書館
スポンサーリンク
スポンサーリンク
maru3をフォローする
スポンサーリンク
maru3.LIFE – 丸山高弘の日々是電網

コメント

  1. ひなこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです。
    久しぶりに山中湖情報館の公式HPに行ってみたらリニュアールされてました!
    絵本の展示 びっくりです。
    いまは あそこまでになってるんですか ひぇ~~(@@)それに利用者数もウナギ登りで、すごい発展ですね。そりゃそうですよ。一度行ったら絶対もう一度行きたくなりますもん。
    利用者にはわかると思いますよ すごく努力されてることひしと伝わります。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    > ひなこ さん
    コメントありがとう。
    ちなみに、このロゴは「紅白歌合戦」のパクリです…いや、そのまんま。大晦日に紅白見て、年越して、2010年は国民読書年です。
    Like

  3. ひなこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    公式HPのボログの「かけす」のテーマの中にあるコメントについてなんですが、HPに似合わない内容だと私は思うんですが、どう思われますか。
    ゲームの内容になんか関係あるのでしょうか。
    気になって・・・・
    Like

  4. SECRET: 0
    PASS:
    > ひなこさま
    ご指摘ありがとう。見落としてました。
    削除,削除… Like

  5. 訪問者 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先程は失礼しました。
    館長さん直々にお電話に出られるなんて!普通はあり得ないことでびっくりしました。('0')
    ところで面談時に館長さんの素顔を激写させていただいておりますが、これ使用してもよろしいでしょうか、顔を知られてはまずいとか、何かございましたら控えますが、もうかなり知られてると思いますが(笑)
    Like

  6. SECRET: 0
    PASS:
    > 訪問者さん
     今日は日曜日で他の職員は、朝から隣の建物でCMの撮影やら、クリスマスリースづくりやら、ネイチャーゲーム教室やらに加えいつになく来館者さんも多かったもので、スタッフは前線で接客サービス。そんなときは普通に電話番は僕の仕事です(もちろん他の仕事もしながらですけどね)。
     顔写真はこのブログをはじめ、あっちこっちに顔出しまくってますので、どうぞご利用くださいませ。
    ※このブログをお読みいただいているとのことですが、最新記事の「読書統計」はどうでしょうか。日本における子どもの読書推進ってどこまで大人が本気で取り組んでいるのか…そんなことを試されているような気がしてなりません。
    Like

  7. 訪問者 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、12月は図書館も楽しい行事が多くなって楽しそうですね。
    顔写真、ありがとうございます。これで一安心しました。
    ※「読書統計」とは、情報公開の中の「利用統計」のことですよね。大変 興味深く拝見しましたよ。
    毎年の8月の利用者数は突出していますが、山中湖の観光地としての特殊性があるとしても、図書館とつながるところが素晴らしいですよ。
    8月以外にも必ず、観光客など外部の利用者が何割かを占めていますが、これはホームページや図書館総合展など外部へのPr効果に加えて何かと刺激的な話題性を絶えず提供するサービス精神と果敢な挑戦意欲などが相乗効果になって利用者を引きつけているのかなあと推測しています。
    私は、おもしろい図書館だなあと思います。
    、ネットを使って全国の人(世界に人)を利用者に見立てているその寛大で、時代に即した愛に溢れる運営方針は、今の日本の図書館界に最も求められている要素ではないかなとか・・・・。
    Like

  8. 訪問者 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    追加>子どもの読書推進について
    自分の子ども(青年期まで)時代を振り返ると、読書の刺激はやはり周りの自分と縁の深い人の働き掛けがすごく影響していたと思います。
    ただ働きかけの具体的な方法が押し付けではなく、興味を持たせるきかっけづくりだと思うので、興味の持ち方は個人差もあるので反応が早い場合も、ジワッと後になる場合もあるでしょうけど、優れた働きかけに勝る成長の種はないと思います。
    スェーデンの保育園で見た1年がかりの「海」をテーマにした企画は、海のイメージを各自が持つことから始まりました。
    イメージを育ませることに焦らない、自由な創造ができる柔軟でクリエイティブな発想を持たせることをねらいとしていましたが、暗記とか答えをすぐ求める即答型ではないところがいかにも、北欧らしかったです。
    でもそれは、本当は北欧の特権ではなくて子どもが、育つために求められる大切なことだと思いますわ。 Like

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >訪問者さまへ
    お気遣いいただきましてありがとうございます。
    ツボを心得ていらっしゃる。うれしいかぎりです。
    Like

タイトルとURLをコピーしました