スポンサーリンク

指定管理者制度と管理委託制度

どうも….
指定管理者制度を取り巻く状況は…
大きな勘違い/誤解で推移しているように…..
思われて….ならない。

いろんな方と話してみても、どうしても「管理委託制度」として捉えている感じが、言葉の端々から伝わってくる。

管理委託制度となると…発注/受注双方のチカラ関係(上下関係)が発生する。
 発注:仕事を発注し、依頼し、お金を出す側
 受注:仕事を受託し、依頼され、お金を受け取る側
であり、この図式では、発注側は受注した側に対して、きちんと仕事をしているかを、チェックする監督機能が発生し、発注側の現場担当者は、「使う側の代表」として受注側の仕事を見る。

これに対して、
指定管理者制度には、本来上下関係の無い、パートナーシップであり、協定期間の運営をあずかるために協定書を取り交わす。
 行政側:公の施設運営を、直営で行うよりも費用対効果を考え指定する
 指定管理者側: 自らの経営責任を伴い、利用者に対してよりより公共サービスを提供する
であり、指定管理者側の公共サービス提供能力に加えて、経営責任能力も要求されるが、現場の裁量は、指定管理者側にある….のだが….この点が、どうも理解されないのである。

指定管理者として名乗りを上げるすべての団体の責任者の方、もし先方が…
「契約」とか「委託/受託」とか「委託金」とか…チカラの上下関係を暗示する言葉を使って来たら要注意である。指定管理者制度を業務委託契約と、ほぼ同じに捉えている可能性が高いのだ。
 そして、この根本的な原因は「指定管理者に対して行政が支出金として全額負担し続ける」限り、この誤解は解決されないような気がする。

僕は誰/何と、戦えばいいんだろう?
・指定管理者制度と業務委託契約の誤解を解く事…
・いや指定管理者による図書館経営の自立(全額公費負担ではない経営)…
・戦後、図書館法制定から50年間、積み上げられて来た「現在の図書館」そのもの?

視察に来られる方と話をすればするほど…現状と目標とする姿との..乖離が激しいことを…感じる。

愚痴ログでした…。

コメント

  1. 団長(京都の地侍) より:

    SECRET: 0
    PASS:
    それは痛感しています。ただ単に、会館の人件費やコストパフォーマンス
    に利用しているだけの気がします。
    どこから打破するか・・・ですね。 Like

  2. maru3 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >団長(京都の地侍)さん
    コメントありがとうございます。
    「管理委託制度」が廃止され、「指定管理者制度」になったことで、すっごく大きな『パブリックサービスの担い手が行政(公務員)から民間へ』の波(ムーブメント)の最初の一歩ができたように感じます。
    今後「市場化テスト」があたりまえになる中で、自治体のあり方が根本的に変わる可能性がありますよね。
    さらに、国立大学や国立博物館/美術館なのが、軒並み“独立行政法人”になったように、指定管理者が運営する公の施設も、いずれ民間団体が賃貸するか払い下げるか….等で、民間団体による公共サービスの時代が到来すると感じています。
    おそらく、戦うべき相手は、本当は誰/何なのか…それを見定めることが…実は、本当に難しい時代だと…感じています。 Like

タイトルとURLをコピーしました