スポンサーリンク

山梨インデックス 1996 TANGO&マイ・バトラー

1996年に勤めていた会社のインターネット事業の中で、『山梨インデックス』というサイトを作った事がある。ウェブサーバとデータベースをミドルウェアでつなぐシステムを会社で購入してくれたので、それを使った実験サイトを構築しました。
今風に言えば、ポータルサイトなんでしょうが、当時のイメージでいうと[サイト(のアドレス)]を登録するのではなく、[ウェブページ]単位でのカテゴライズ(分類化)をイメージしたものでした。
こうして図書館に勤めるようになって、書籍をNDC(十進分類)することはあるのですが、ページあるいは記事単位で分類するという発想は…まずありません(未だに…)。

 あのころのWEB+DBシステムでは、
・MacOS でサーバを構築し
・マイバトラー(データベース)
・TANGO(ミドルウェア)
で作った。

 当時会社で参加していた YACC(山梨県地域インターネット協会)の場で、オープンなサービスであることを宣言したのですが…まぁ、あまり理解されなかった…かな。
 今思えば、Webライブラリアンのツールとなるもの…だったかもしれません。
 そのころから、「ウェブサイトの本質的なところに、Web+DBシステムがあるんだなぁ」とか「本当に使えるサイトをつくるには、データベースと連携している必要があるなぁ」と思ってます。

Internet Archiveに、扉のページだけありました。
http://web.archive.org/web/19970214065640/www.mdf.co.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました