スポンサーリンク

大阪の指定管理者…

大阪府知事選挙が終了し、最年少知事が誕生した。

 ・大阪府知事選に関するニュース Google News

これから財政再建のために、かなり大掛かりな取り組みが始まるのではないだろうか。
真っ先に予想することは、直営施設の指定管理者制度の導入、行政サービスの市場化テストなど。これまで指定管理者制度を導入すべき施設には導入されてきていると思うので、今後は直営施設がその対象になるのでしょうね。経費削減のために直営施設の指定管理者制度の大幅な導入が行われるのではないか…と。

ひょっとしたら…いくつかの施設は思い切って民間に売却されるかもしれなません。
逆に、緊縮財政下における公共施設の在り方のモデルとなるケースがいくつも誕生するなんていう可能性も考えられそうです。

チャレンジできることは、きっとバッサバッサと挑戦することを期待します。

コメント

  1. lanova より:

    SECRET: 0
    PASS:
    へえ、38歳ですか!それは若いですね。アメリカ大統領の最年少はケネディの43歳でした。こちらも今予備選挙で毎日テレビの画面をその話題が席巻していますが、選挙権のない私はただ傍観するだけです。でも直接選挙なので人々の感心の持ち方も高いような気がします。 Like

  2. 通りすがり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    公明党の推薦ということらしいですから、府立図書館に圧力をかけて政権党に都合の悪い資料はバッサバッサと切ることに挑戦することを恐れています。
    http://alcyone.seesaa.net/article/29325908.html
    もご参考に Like

  3. 鶴田 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     大阪は、史上最悪の選択をしたと思います。出ないと言いながら、変遷する橋下氏は、公約が守れないと思います。 Like

タイトルとURLをコピーしました