スポンサーリンク

「チェンジング・ワールド」 アーヴィン・マズロ

チェンジング・ワールド
アーヴィン ラズロ Ervin Laszlo 赤尾 秀子 奥原 しんこ / アーティストハウスパブリッシャーズ
スコア選択: ★★★

またまた、アーヴィン・ラズロ博士の本です。
書かれていることは、そう目新しいことではないのですが、この手の内容は「知る」から「動く」が重要なんだよな〜…って、実感します。

オルタナティブな…
というキーワードはあるのですが、人間そうそう昨日までの価値観を変えろ…ということは、なかなかできない。数年後、数十年後、数百年後をイメージしながら、今の便利さを捨てることは…難しいだろうなぁ。ネイティブ・アメリカンは7代先の子孫のことを考えてそれをすべきか/するべきではないか..を、決めるらしい。

この手の本を読むと…本当に考え込んでしまう。
まぁ、僕の場合…経済的な所々の理由で、自動車から50ccのバイクに転向したが…経済的に豊かになると…自動車生活に戻っちゃうんだろうなぁ(楽だし…遠くにいけるし…)

ただ…はっきり感じることは….
もう何か大げさなことを起こさなくてもいい…って感じているのです。こうしてブログを書くだけでもいい。お弁当をもってピクニックに行くだけでもいい。できればその時、お友達も誘うといいよね。ピクニック・フィールドで新しいお友達をつくるのもいいよね。
そんな小さな出来事から、変わる何かがある。
まずは、自分の手の届く範囲、自分が動かせる範囲のものから、ちょっと変えてみよう…その範囲がちょっと広くなったり、ちょっとだけ大きくなったり…その積み重ねが、チェンジング・ワールド…するのかもしれない。

何か、大げさなことをする…なんてことは、もうしなくてもいいんじゃないかな。

コメント

  1. フォトボル より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こもるのは、まだ早いよ~  mru3を知る人がいる限りワールドは広がりますですよ。ゆっくり充電してゆっくり放出もアルでなもし。
    と自分と重ねるコメントを考えております。はい!!!! Like

タイトルとURLをコピーしました