スポンサーリンク

もうひとつの“可編集化”手法 -podcast対応版-

Podcast: 20050711.mp3
現実の世界や空想の世界を“可編集化:編集可能な状態にする”ための手法には、『情報化』ともうひとつ『模型化』があります。
 最近コンビニでよく見かける食玩はもちろん、子ども達が遊ぶキャラクター人形やおままごとセットなど、これらは現実を模型化して、いわば『編集遊び』いや…編集するという遊びを行っているのです。実際の部屋のレイアウトを変えることは、とてもたくさんの労力を必要としますが、模型ならばそう難しくはありません。鉄道模型などは、レールを簡単に引く事もでき、線路脇の建物の移動も簡単です。これらはすべて現実や空想の世界を編集可能にする方法なのです。

 模型化には、縮小するものと、拡大するものがあります。例えば立体日本地図などは縮小したものですし、例えば昆虫をスケールアップして模型にしたものも博物館なのでよく見かけます。

このように、現実の世界を“可編集化”するもうひつとの手法とは、「模型化」なのです。
そしてまたこの延長線上に、特撮映画もあります。
※だから僕は特撮映画が好きなのかもしれません….(^_^;

まぁ、模型化したものをいくらいじくり回しても、現実の世界に影響を与えることはありませんが、様々なシミュレーションを行うことはできます。実際に自衛隊なとでは図上演習もさることながら、即席の地形図をつくって、このマッチ箱が敵陣地。この携帯ストラップのキャラクタが見方。この丘をこっちの方から侵入して….などのシミュレーションは日常茶飯事なのです。

 そう思うと、けっこうリアルな食玩も、実は「情報化」と目的は一緒…としてみることができるんですね。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    模型化されたものが、かなり直接的に現実の世界に影響を与えることがあります。いったいどんな時でしょうか。
    ….ちょっと、怖〜い場面です… Like

  2. 内藤 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     iTunesインストールしたら起動もしないのに常駐するタスクがあって終了しようとしたら拒否されました。不快なんですがアンインストールするしかないのかしら。 Like

タイトルとURLをコピーしました