スポンサーリンク

iPod

今回はかなりの確立で、ウワサが実現しましたね。
予想通り…のiPodラインナップです。

iPod shuffle: カラーバリエーションが変わりましたね。淡いパステルカラーです。中でも (prodact)red がラインナップに加わったことですね。

iPod nano: デザインが一新され、nanoからビデオの視聴ができることになりました。こちらも淡いパステルカラーですが、shuffleの紫とnanoの黒が違ってますね。こちらにも (prodact)red がラインナップされてます。
※それにしてもこのキュートなデザイン…僕には“ぬりかべ一家”の子ぬりかべに…見える。ちなみに、ピンク色のぬりかべは“ぬりかべ女房”です。

iPod classic: いわゆる正当派(?) iPod です。シルバーと黒の2色。記憶容量はおもいっきり増えて、80GB、160GB。これだけでもう、りっぱなバックアップ用ストレージとして使えそうですね。

iPod touch: そして今回の目玉(?)商品がこれ。iPhoneに採用されたマルチタッチインターフェイスを採用しったiPod。Music, Video, Photoだけでなく、なんとWiFi(無線LAN)で接続できて、ウェブやYouTubeを視聴できるそうです。

さて、このiPod touchって、実にビミョーな商品に思う。というのも、米国で販売されているiPhoneを持っている人はまず買わない。他社のケータイを使っている人が対象になりそうだ。また、iPod touchは、米国だけでなく全世界で販売されるようなのだが(もちろん日本でも)、それって iPod touchを購入させておいてから、iPhoneを販売するつもりなのだろうか…って、ちょっと考えてしまう。それにしても、「マルチタッチ」インターフェイスを体験できるのはよいことだと思うし、せっかく開発した技術なんだから、世界中の人に使ってもらいたいのだろう。
そんでもって、もうひとつ疑問なのは、WiFiをつけ、さらにiTune WiFi Music Storeを開店させたことで、Macというデジタルハブがなくてもいいことになってしまう。Webメールに対応していれば、iPod touchだけで、ウェブ、ウェブメール、iTune、YouTubeと、大方のネット利用の需要に対応できてしまうのではないか…なんて思うのです。ここらあたりに、Appleのビジョンをかいま見る事ができそうな気がします。

さて、これらのガジェットを、公共図書館に取り込めないだろうか…なんて、かんがえていたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました