スポンサーリンク

葬儀2.0: クラウド葬, 雲葬(雲上葬), Cloud Funeral

…ひとまず、そんな言葉を思いついたので…

火葬、土葬、墓地への埋葬、散骨…等々に限らず、故人の想い出をネット上の[クラウド]にアップロードし、インターネット環境と端末さえあれば、いつでも・どこでも・どこからでも故人を忍ぶことができる。

また、twitterなどで故人の言葉をbot化し、定期的に故人からのつぶやきが届けられる…というも、ありだろう。命日のお知らせや、故人の生誕__年、没後__年などのお知らせなどもbotによって届けられる。

…たとえば、そんなお弔いのスタイル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました