スポンサーリンク

月を見る図書館

ちょうどよい具合に、月が昇ったので、1,580円の天体望遠鏡で覗いてみました。満月よりもこのくらいの方が、立体感が出て良い感じです。

これからの図書館は、月や星を見たり、野鳥や動物を観察したり、顕微鏡や虫眼鏡を備えていたり…と、書物からの知識に加え、実際に体験できる場所にあるのであればなおさら、そうした体験学習的な仕掛けづくりも必要ではないか…と、思うのです。

天体望遠鏡、双眼鏡、フィ−ルドスコープ、顕微鏡、ルーペ(自然観察用)などを利用者さんに提供できる環境のある図書館を、ご存知ありませんか?

コメント

  1. TsunaguNPO より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すばらしい可能性が広がりますね。
    もちろん夜まで開いている図書館になりますね。
    Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    山中湖には、自然観察の拠点施設(いわゆるネイチャーセンターやビジターセンター)がありません。観光案内所にもないですし、交流プラザには自然学校のNPOさんが常駐していますが、フィールドに出るガイドさんなので、学習施設にはちょっと不足です。館内にはネイチャークラフトの工房がありますが…
    そういうわけで、図書館機能を有する山中湖情報創造館は、文学の森という絶好のフィールドの中という立地条件もありますので、そうした生の自然を学ぶ施設にも、していきたいなぁ…と、思っていたりもします。
    ※それにしても、植物の名前も、鳥の名前も…あんまり知らない自分が悲しい…※
    Like

  3. dora より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すばらしい!
    野鳥の観察の本と一緒に双眼鏡を貸し出す。
    顕微鏡観察の本と一緒に顕微鏡を貸し出す。
    実際に、「やってみたい」と思っても道具が無いという事例は少なくないし、その昔、ビデオを見るためにビデオデッキを貸出したことを思えば、どうしてやらないのか不思議です。 Like

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >TsunaguNPOさま
    >doraさま
    コメントありがとうございます。
    野外フィールドを持っている(とりあえずそこにある)図書館って、そうめったにないと思うのです。ただ、予算要求となると「自然観察園じゃないんだから…」とか「図書館は本を〜」とか…図書館の壁が立ちはだかります。
    また、指定管理者の事業として…となると、指定管理者側にも備品購入の予算はなく…
    ということで、ひとつの手段として「プロダクト・プレイスメント」を考えていたりします。ただ、それにしても当館の「付加価値」を高めないことには…。 Like

タイトルとURLをコピーしました