スポンサーリンク

お散歩と地域文化

ちょっと大げさかもしれないけど、最近とても強く感じるのが『散歩』と『地域文化』の関係。
山梨県はほとんどが自動車による移動を前提にしないと、生活はきびしい。公共交通機関もそうそう周辺までは行き渡っていない、補完するはずのバスは、便数は少なく、早い時間で終バスになってしまう。

「地方では文化が生まれない、地方では文化が根付かない」などという意見を耳にすることがあるが、それは“地方”であることが原因ではなく、“歩いていける範囲”に何があるか…が、原因ではないだろうか。

 先日、長野県の小布施町に行ったときに、とても強く感じたのは、駅を下りて歩いていける範囲に何があるのか、そこにどんな文化的仕掛けがあるのか…が、実はとっても大事なのではないか…と、思うようになりました。しかも“酒”を文化の核に置くと徒歩での移動は不可欠です。

 山中湖村の公共施設は、山中地区・旭日が丘地区・平野地区・長池地区などに分散しっているのに対して、お隣の忍野村は村役場・小学校・保育園・図書館・福祉センタアー、さらにはスーパーやホームセンター、大型医薬品店などが歩いていける範囲に集中している。どちらにもそれぞれの理由があるのだろうが、「歩いて暮らせるまちづくり」は地方であっても不可能ではない。

 文化を生み出す“酒”を考えると、自動車社会では文化は生まれにくくなります。
 (飲酒運転はNGですよ)
 ガソリンの値段が上がり続けてます。
 地方都市の中心街の空洞化やシャッター通りという課題もあります。

 片方で、コンパクトシティという新しくて懐かしい(?)まちづくりへの取り組みも始まっています。

というわけで、

 「歩いて暮らせるまちづくり」は「地域文化」を育む

という、仮説を立ててみたいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました