スポンサーリンク

Vison と Misson

米国の公共図書館のサイトを検索すると、必ずといっていいほど、

Our Vision と Our Mission

のページがある。国内の図書館のサイトをみても、うちも含めて…こうした書き方をしているところは見た事が無い(もっと探せばあるかもしれないが..)。
このあたりの心構えの違いが、日米の公共図書館のあり方の基本的なところで異なっている…と、思ってしまう。

ちなみに、public library vison mission で検索すると..出てくる出てくる…いろんな公共図書館のサイトにこのページがある。

コメント

  1. lanova より:

    SECRET: 0
    PASS:
    以前ご紹介したウチのエリアの公共図書館http://www.colapublib.org/about/のサイトにもVisionは明記してあります。現在の日本の図書館の状況はよくわからないのですが、アメリカの図書館で秀逸なのは大学図書館だと聞いています。他の公共図書館や学校図書館は、やはりエリアによって予算がどれだけ組まれているかで、大きく異なっているようです。ちなみにウチの図書館は生徒数3,800人に対し、蔵書数50,000で、規定には達していません。通常生徒数×20が必要とされる学校図書館蔵書数だと聞きました。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ご紹介いただいた、公共図書館のサイトをみて、「あぁ、こういうことを書いているんだなぁ」って気になって検索したら、すごいじゃないですか。多くの公共図書館のサイトに、Visoon と Mission が書かれている。
    そうした姿に、「私たちは地域に役立つ図書館になります」宣言を見てとることができますよね。
    僕たちも見習わなければ…. Like

タイトルとURLをコピーしました