スポンサーリンク

FREEのためにお金を使う経済

あえて言葉にして伝えたい。
すでに、《FREEのためにお金を払う》という経済が生まれている。
これはその象徴になるかもしれない。

 ・キリン フリー KIRIN

例えば、無料のインターネットサービスを使うために、パソコンを購入したり、プロバイダーと契約したりする。無料のYouTubeに動画をアップしたいために、動画制作を発注したりする。

 その[無料]を使いたいために、どこかでお金を使う経済

図書館的にいえば、その図書館を使いたいために交通費をかける。その図書館を使いたいために電話をする。その図書館を使いたいために遠くから出掛ける。その図書館を使いたいためにその町に引っ越す。その[無料]を使うためならお金がいくらかかってもいい…そんな価値観の経済。

図書館の価値を高めるためには、そんなことをイメージしてもよいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました