スポンサーリンク

米国議会図書館とFlickr(フリッカー)

図書館とFlickrの関係って、実はこれからブームになるかも。
なんといっても、予算の乏しい公共施設。それでも眠れる資源は数多く、なんとかこの情報を共有したい…と、思ったら、無料サービス(低価格サービス)を使うしか無いじゃないですか。

 ・LC、Flickrに進出 カレントアウェアネス-R (国立国会図書館)
 ・米国議会図書館、所蔵写真の一部をFlickrで公開へ cnet japan

 ・The Library of Congress’ photos Flickr

 タイトルの横にある [pro] の文字。年間$24.95 支払えば、容量も枚数も無制限になるサービスだ。これさえあれば、怖い物無し。3000枚の写真なんて、意外とあっさり公開できるかも。サイズも横1k(1024)×縦なりゆき(768前後)。フィジカルなオリジナルは図書館に収蔵していることを考えれば、このデジタル化はサムネールと割り切る事も出来る。

 週明け、うちもニュース・リリースを出そうかな。

 ・http://www.lib-yamanakako.jp/weblib/webflickr.html

コメント

  1. ちあぼん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おもしろそうですね~。
    そう言えば、今公開中の「ナチョナル・トレジャー 大統領暗殺者の日記」を観たら、アメリカの議会図書館が出てきましたよ!
    Like

  2. まる3 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうそう。
    意外と米国の映画って、図書館が出てくるんですよね。
    やっぱり仕事や生活の一部として、それだけ頼りにされている…って、ことなのでしょうか。
    誰かウチをロケに使ってくれないかなぁ….。
    ※いっそのこと、短篇でも作ってYouTubeにアップしちゃいましょうか。
    Like

タイトルとURLをコピーしました