スポンサーリンク

沢田美喜物語

日テレのドラマコンプレックス

2千人の孤児の母 澤田美喜物語 〜母たるは地獄のごとく〜」 日本テレビ

こういうドラマ…弱いんです。涙腺緩みっぱなし…。

清里の父 ポール・ラッシュ伝』にて、ポールさんと沢田美喜さんとの親交が描かれていました。なんだかこう…NPOの活動にも繋がる思いがあって…。
僕にとってNPO活動を行なうってことは…ポールさんや沢田さんの心に…少しでも近づけたら…と、そんな思いで胸がいっぱいになってしまいます。

コメント

  1. aimi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も見てました!
    ポールさんとも親交があったのですね。
    そうですよね、時代が一緒ですものね。
    人として素敵だなぁ、NPOとして純粋だなぁ・・・って思いながら見ていました。
    本当に素敵な方ですね。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    英語劇「暴君ネロ」の主役と姫さま…だったり、戦後はGHQの将校として、また個人として応援していたそうです。清泉寮も一時期、エリザベスサンダーズホームの卒業生(?)たちの就職先だったようです。
    ドラマの中で、ウル…っときたところは、子ども達のことよりも…なんといいましょうか…「善意」…のあるシーンですね。
    GHQに怒鳴り込んだあと、ホームの入口を叩くGHQの将校。沢田さんはバットを片手に玄関にでる。すると、将校は「私は医者です.明日子どもたちの健康診断にきます。」といって、ミルクと医薬品を置いて行くシーン。しかも沢田さんが名前を聞いても決して答えず…もうだめ…涙腺がゆるゆる…でした。
    Like

タイトルとURLをコピーしました