スポンサーリンク

ビジネス・ライブラリアンはエンタープライズ・アーキテクトを目指せ!

巷に流行っているキーワードを並べただけです。

ただ、僕たちはビジネス・ライブラリアンの可能性をちょっと低めに設定しちゃったかな…なんて思っています。むしろ、昨今はやりのエンタープライズ・アーキテクト像を目標にした方がいいんかないかな。このエンタープライズ(事業部)を、コミュニティ(地域)に置き換えると、ビジネス・ライブラリアンの本当の役目が見えてくるように思います。

聞かれて応えるだけなら、従来のレファレンスの範疇。わざわざビジネス支援などと銘打つ事は無い。されば、ビジネス支援/ビジネスライブラリアンの目標とは…その地域の産業で本当に必要な情報源とその構成をあらかじめデザインすることなのではないだろうか。

いかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました