スポンサーリンク

スモール・ワールド・ネットワークの段差

ネットワーク理論のひとつである、スモール・ワールド・ネットワーク現象/理論というものがある。知り合いをたどっていくと世界中の誰かと繋がるには、数人の知り合いでよい…というものだ。実際に僕も数人で総理大臣にたどり着けるし、そこから世界中の首相とつながるには、十人も必要ない(理論上です。県内の知り合いのあの人は、たぶんあの人とを知り合いだから、あの人へ…こう繋がるだろう…って感じ)。

とはいっても、このスモール・ワールド・ネットワークには、なにかこう…島というか、ドメインというか、リージョンというか、領域のようなものがあるように感じる。中々その境を超えて繋がることができない…なんていうことも少なくない。

今回惜しくも(?)図書館長には不採用となった小布施だが、もし採用となっていれば、この方の領域に繋がることができた…かもしれない。

 ・Dairy 小布施訪問9時間連続和英打合の記 セイゴオちゃんねる

TBがないのがちょっと残念。

コメント

タイトルとURLをコピーしました