スポンサーリンク

サミット…と言えば、「ケースD」

洞爺湖サミットが始まりましたが、サミットといえば僕にとって連想されるものは、「ケースD」糸川英夫と未来捜査局の作品です。

ケースD―見えない洪水 (1981年) (角川文庫)
糸川 英夫 / / 角川書店
スコア選択: ★★★

そんでもって、「ケースD」といえばもう一作のこちらも

カルチャトピア′90―サマルカンドからのメッセージ (1982年) (角川文庫)
糸川 英夫 / / 角川書店
スコア選択: ★★★

「ケースD」は、NHKでもドラマ化されました…が、映像は残ってるのかなぁ?

コメント

  1. yamaiku1948 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    話題と関係ありませんが・・・。丸山さんのブログにもときどき
    旅行案内がはっているでしょう?
    ボクのブログにも入るようになりました。
    いったいだれがどうやって?
    削除できるのでしょうか?
    教えてください。 Like

タイトルとURLをコピーしました