スポンサーリンク

NHK紅白歌合戦…命をかけて仕事をするということ…

片方でネットしながら、もう片方で「NHK紅白歌合戦」を見てます。

なにか今回は、命(いのち)、生命、生き様、人生をかけて歌っている歌手の皆さんをみているように感じてます。たかが歌、されど歌。言い古された言い方ですが、僕自身に置き換えて考えてみると、仕事に人生かけているかな。NPO活動に人生かけてるかな。命をかけてNPOとしての仕事をしているかな…って、感じている。

敬愛する、清里の父ポール・ラッシュ博士(ポールさん)は、そんなNPO活動に命をかけていたのだと感じます。足許にすら到底およばない僕ですが、NPO活動を続ける上での大目標であり、ロールモデルです。ポールさん個人としてだけでなく、NPOのモデルとしてポールさんが設立した財団法人キープ協会は、こういうNPOを目指したい。こういうNPOでありたい…と思う永遠の理想像なのです

Do Your Best, and it must be first class.
それはデジ研の活動にも、指定管理者として図書館としての仕事にも心がけたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました