スポンサーリンク

報酬系…motivation, incentive, reward…

脳科学的にいうと、「報酬系」というのがあるそうだ。
 ある行動/行為によって、脳内に快楽物質が分泌されると、次にその快楽物質が欲しいがためにその行動/行為を行うという脳と体の関係性があるそうです。
その行動/行為が、反社会的になると“○○依存症”となる反面、その行動/行為が善意の行動であると人は良い事をし続けるのだそうだ。

 さて、僕たちが、[指定管理者]で[公共図書館]を運営する[NPO法人]で仕事をするにあたり、この『報酬系』の正体を知りたいと考えている。motivation【モチベーション:動機づけ】は人それぞれあるのだが、この報酬系が成立しないことには継続できるものではない。incentive【インセンティブ:〔行動などへの〕刺激,動機】に何があるんだろうか。そして僕たちにとっての、reward【リワード:ごほうび】は一体なんなのだろう…と。
 NPO活動には、ある「報酬系」が存在する。それもNPOとしての活動がなければ、成立し得ないものであり、例え無償であっても人を動かすsomething(何か)なのだ。それが失われてしまうとNPOは成立しないのだ。

【Wikipediaより】 報酬系

【エキサイト 辞書より】 motivation | incentive | reward

コメント

タイトルとURLをコピーしました