スポンサーリンク

世界平和と国権

福田総理(自民党)と小沢代表(民主党)との会談がおこなわれているが、漏れ聞こえてくる範囲で考えると、小沢さんのほうが過激かもしれない。

憲法9条をみると
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

とある。小沢代表の考えでは、国連の決議を経た内容ならば[国際平和を希求]することの活動であり、日本一国の[国権の発動]にはあたらない…と、する解釈である…が、これを認めてしまうと、自衛隊も国際平和のために前線に出る事も十分に考えられる。
一方政府の考えでは、いくら国連の決議であればどこへでも自衛隊を出すようなことは現実的に不可能である。国連の決議を経ている訳ではないが憲法下でできるギリギリの活動が洋上による給油活動なので、これを恒久的にする根拠法をつくりたい…との思うだ。

正直にいえば、小沢民主党の方が、自衛隊という武装集団を、戦闘組織として海外に出すことに積極的な感じがする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました