スポンサーリンク

ホリエモンとメディア・リテラシー

山中湖情報創造館ブログでも書いたのだが、PodCast(ポッドキャスト)から、さらにSkypeCast(スカイプキャスト)というものが登場してきた。どちらもサーバに音声ファイル(主にmp3)を保存し、ダウンロードしてiPodなどのデバイスで、自分が好きな時に聞けるということがひとつの特徴である。従来の放送では、リスナーが番組に時間を合わせることが要求されたが、ポッドキャスティングもスカイプキャスティングも、番組(コンテンツ)視聴時間を自分に合わせることができる。

メディア・リテラシーが語られる中で、新聞は過去の記事も記録・保存しておけるのだが、テレビやラジオの放送系では、記録も保存も、放送時間と放送内容が判らない限り、録画することができない。ましてやテレビニュースなどは、保存のしようがない…とよく言われているのだが、ポッドキャスティングなどで、音声や映像によるニュースが流れ始めたら、状況は一気に変わるのではないだろうか?

ポッドキャスティング/スカイプキャスティングにより、はじめて放送/配信系のメディアがメディア・リテラシーの格好の教材にすることができる。過去のニュースをさかのぼって視聴することも可能になる。現在の流しっぱなしのテレビやラジオよりも、メディア・リテラシー(情報の取捨選択能力を高める..という意味)向きなのではないだろうか…と、思うのでした。
単に放送とインターネットの融合..ということだけでなく、これはもう社会的なパラダイムシフト(死語っぽいなぁ)なんだと…思う。

※ちなみに、IP電話ソフト Skype は、国内ではlivedoorが扱っています※

コメント

タイトルとURLをコピーしました