スポンサーリンク

いつも…後手。

北海道・佐呂間町で竜巻による死者が多数でているようです。
が、当の気象庁さんは、なんともおっとりとした対応ですこと。

「冬先に意外だ」気象庁 竜巻かは調査必要  北海道新聞

二酸化炭素排出による地球温暖化の影響を受けて、すでに過去の希少モデルでは予報できない事態になっている…のだと、思います。

ここからは、僕の持論ですが、こうした自然災害に立ち向かうための組織が早急に必要だと思うのです。警察、消防、自衛隊はいつも後手です。災害が発生してから動き始めます。それとは異なり、災害の予測/予報から、自然災害そのものを食い止める、ポジティブ・セイフティをコンセプトとした対自然災害防衛組織が、必要だと、考えています(もちろん、2006年の現在においては、荒唐無稽なことは重々承知の上です)。

…僕は、本当に…
GUYS: Guards for UtilitY Situation(あらゆる状況のための防衛隊)が必要だと思っているのです。

コメント

  1. ひつじ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分も同感です。
    というか、消防・警察・自衛隊とかから
    優秀な人集めて、「国際救助隊」を
    ほんとに創ればいいのにと
    たまに、本気で思ってます・・・。 Like

タイトルとURLをコピーしました