スポンサーリンク

『戦国自衛隊・関ヶ原の戦い』 第一部「さらば友よ」

すげ−。
この迫力、この人間ドラマ。
「戦国自衛隊(1979)」、「戦国自衛隊1549」を、ある意味で凌駕している。

特に、人間ドラマに関しては、「戦国時代」の…しかも、天下分け目の関ヶ原における「小早川秀秋」をからめるあたりで、若き小早川の葛藤と自衛隊の葛藤が、いい味を出している。
自衛官一人ひとりが、ドラマを持っているところがいいねぇ(中には..ちょっとサブ系な方もいたり..)。

…と、いうことで….
1h40mあたり…小早川軍が自衛隊を襲撃し、近代兵器に倒され累々とした屍の中を歩く、伊庭二尉。戦死している少年兵を見ると…あの魚取りをした少年。という場面で、反町さんの後ろで「戦死」してます(それにしても…あごの肉がつき過ぎだ〜)。

来週2月7日(火) 12:00から、第二部「愛する者のために」も、乞うご期待。

myFavorite
スポンサーリンク
スポンサーリンク
maru3をフォローする
maru3.LIFE – 丸山高弘の日々是電網

コメント

  1. フォトボル より:

    SECRET: 0
    PASS:
    出演者のみ知る 撮影現場の楽しみですね。
    趣味と実益 ・いーいーな・いーいーな・
    ○氏、画面で確認できず、残念! でわまた。 Like

  2. りぃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まる3さんは、出てらっしゃるんですよね?
    私は、録画してまだ見てないので、見て探してみたいとおもいますw
    Like

  3. maru3 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    上の写真に写ってます。
    手前の戦国(少年)兵士
    反町さん
    まる3(画面左に見えている足がそうです)。
    テレビでは、カメラがもっと左側から撮影していてまして、仰向けの顔が写っていたりします。約1h40m後あたりの場面です。
    ※死体役なので、あまり探さないでくださいませ※ Like

タイトルとURLをコピーしました