スポンサーリンク

深刻なのは…

昨年の交通事故による死亡者数が発表された。

 ・交通事故者数に関するニュース Googleニュース

 前年よりも609人少ない5743人、ということは平成19年は5743人、平成18年は5134人ということになる。が、それに比べ自殺者数は、3万人を超えている。平成18年の数値しか発表されていないが、32,155人だそうだ。

 ・平成18年中における自殺の概要資料 警察庁

単純に比較すると6.26倍である。
(ちなみに、山中湖村の人口5,963人(H19.12.1)と比較すると、実に毎年山中湖村5個分以上の人間が自殺していることになる)
 どちらが深刻なのか一目瞭然のはずなのだが、交通事故による死者数が年明け早々に発表されたのに比べ、自殺者数は最新の数値でも平成19年の6月に平成18年の数値が発表されるほどの扱いだ。また交通事故に対しては飲酒運転に対する罰則の強化などの手段を講じていても、自殺に対してはこれといった対策が取られてない(むしろワーキングプアなどの状態は悪化の一途である)。

 『海の向こうでは「自殺をする前に図書館へ」というポスターがある』と、社会的・個人的な課題解決に図書館は重要な存在であると言っている図書館関係者さんがいらっしゃるのですが、ならば「ビジネス支援」や「医療支援」などという以前に(それも大切ですが…)、「自殺防止図書館のための職員スキルアップセミナー」みたいなものをぜひ開催してもらいたい。どんな資料を揃えたらいいのか、本当に自殺志願者がレファレンスに来館したらどう対応したらよいのか…などなど。

 それにしても、このポスターの本物を見てみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました