スポンサーリンク

こんなテストを受けてきました…。

トホホ…な状態ですが、本日こんなテストを受けてきました。

初級アドミニストレーター 2005秋

午前の部は…「な〜んだ、ちょろいちょろい…」なんて思っていたのですが..
午後の部は…「なんじゃこりゃ〜!」状態。

デジタルライブラリアンが、こんなことでは…イカン・イカン。

片方に「図書館情報学」っていうのがあり、
もう片方に「情報処理技術者」っていうのがあるが…同じ『情報』を扱うアプローチではあるが、まったく異なるスキルなのだ。

※おそらく…さらにもう一方に「情報部員養成講座」があるんだろうなぁ。

コメント

  1. 110kA より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あらら~受けてこられたのですね、お疲れさまです。合格してると良いですねぇ。
    旧来からの図書館をカバーするのが「図書館学」、それと丸山さんの言う「情報処理技術者」の両方をカバーするのが「図書館情報学」だと理解しています。流行りの言葉で言えば、旧来の図書館が「コンテンツ」、いわゆる情報処理が「システム」、その両方を扱うのが「図書館情報学」なのだと、考えています。実際、私の卒業した大学では、「基本情報処理技術者」試験を受験することが単位取得の条件の1つとなっているものもありました。
    ところで、丸山さんの言う「情報部員養成講座」って言うのがよく分からないのですが、情報利用・活用スキルを持った「情報利用者」を育てるという理解でよろしいでしょうか?
    Like

  2. maru3 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >110kA さん
    コメントありがとうございます。
    試験の結果が…ちと、怖いですが…。
    「情報部員養成講座」っていうのはですね….「諜報部員養成講座」と置き換えてもいいようなものです。
     地域の情報を、1)収集し、2)整理・編集し、3)利用者に提供する..ための諜報/情報部員を養成する…というイメージかな。
    正規職員もさることながら、情報ボランティアの育成も考えたいと思ってまして、そうした地域の情報収集に、ある意味で「貪欲」でありたい…と、考えているのです。
    「図書館」から、「地域の情報拠点」
    「地域の情報拠点」から、「地域の情報センター」
    「地域の情報センター」から、「地域の情報機関」へ
    そして職員は、「地域の情報機関で働く情報部員」…という感じです。
    そして、「地域の公共情報機関」
    (情報を生産したり、流通したり、保存・保管したりする、人が持つべき情報に関する基本的な権利を保障する「公の機関」が、図書館の延長線上にあるように考えているんです) Like

タイトルとURLをコピーしました