スポンサーリンク

君のふたつの黒き目は….

なんと、もう11月です。情報創造館の指定管理者も残すところあと150日。

タイトルをみて、わかる人は…きっと僕と趣味があうと思いますよ。
昨日とあるレファレンスで、方言「ひや」の語源を探す…と、いうのがあった。

 「ひや」 ← 「ひあい」 ← 「廂合わせ」

なんでも、軒と軒が重なっているような路地…のことだそうだが、ちょっと気になって調べてみた。デジタル版山梨方言集のデータから検索したところ、近い言葉に

 「ひやえ」があった。
 「ひあい」では見えなかったが、「ひやえ」であれば、「廂八重」ではないか…と、思ったのです。

そんなときに、浮かんだシーン「軒と軒がぶつかり合うようにして支え合っている」
映画「はるか、ノスタルジィ」で、少年佐藤弘くんが娼婦である母親を目撃し、泥酔した父親が池に溺れて水死してしまう場所である。

なぜ…わざわざ軒と軒が重なるような路地に「ひや」と命名したのだろうか。何かをの路地を、他の場所を区別する必要があったのではないだろうか….ちょっとそんなことを感じたりする。

myFavorite
スポンサーリンク
スポンサーリンク
maru3をフォローする
maru3.LIFE – 丸山高弘の日々是電網

コメント

タイトルとURLをコピーしました